鎌倉明月院のあじさいの見頃や開花状況!紫陽花寺の明月院ブルー

あじさいを見に行くなら鎌倉にある明月院に行きましょう!

 

明月院は別名あじさい寺と呼ばれるほどではあじさいの名所として有名な場所で、鎌倉あじさい三大名所とされています。

そして、超サイヤ人ブルー(笑)ならぬ明月院ブルーという愛称があるぐらい、明月院のあじさいは素晴らしいものなんです!

 

それでは鎌倉にある明月院のあじさいの見頃や開花状況などの情報をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

明月院

出典:https://www.jalan.net

神奈川県鎌倉市にある寺院で、あじさいのシーズンには多くの人で賑わいます。

 

第二次世界大戦後に、物資や人手が不足して参道を整備する杭が足らず、杭の代わりに「手入れが比較的楽だから」という理由で、アジサイを植えたものが次第に有名になり、「あじさい寺」と呼ばれるほどのあじさいの名所となりました。

 

青一色のあじさいと並んで明月院の代名詞と言えば、写真の「悟りの窓」と呼ばれる本堂(紫陽殿)に設けられた美しい丸窓です。

 

あじさいを見に行った際は、ぜひこちらも忘れずに見ておきましょう!

 

 

明月院のあじさい:明月院ブルー

明月院の紫陽花は日本古来の「ヒメアジサイ」という品種の花です。

 

明月院ブルーと呼ばれるほどの明月院のあじさいの美しさを動画で楽しんでいただきたいと思います。

 

青一色にそまる紫陽花の光景はどれも素敵ですが、37秒くらいからのお地蔵様と紫陽花の組み合わせは、とても日本らしい光景で個人的には一番好きなものです。

 

前もって見たくない方は絶対見ないでください(笑)

 

青一色の光景と言えばネモフィラも引けを取らない位素敵なものですよ!

 

 

明月院のあじさいの見頃

Harukaさん(@haruka_5296)がシェアした投稿

開花期5月下旬から7月上旬まで続きますが、やはり見頃は6月となります。

6月上旬は色付きが薄い場合があるので特に6月中旬から下旬にかけてがベストタイミングだと思います。

 

 

明月院のあじさいの開花状況

 

やはり、見頃と言われている時期と開花状況は同じようです。

 

5月ではあじさいの咲いている量が少なく、7月だと剪定されて減っていってしまうようですね。

 

6月中旬~下旬がベストなのは間違いないですが、想像を遥かに超える長蛇の列や入場制限があるので、気合を入れて早めに行くのをオススメします!

 

混雑が嫌な方は見頃の時期を外していくのもひとつの選択肢ですね。

スポンサードリンク

information

営業時間  9:00~16:00 ※6月は8:30~17:00

料金・費用    300円 ※6月は500円

所在地

アクセス
北鎌倉駅から徒歩で10分

 

最後に

鎌倉にある明月院の紫陽花はいかがでしたでしょうか?

 

6月は雨がうっとうしく感じられ、お出かけする気が起きにくくなりますが、そんな6月だからこそ見られるのが紫陽花です。

雨に濡れる紫陽花はより魅力的に見えるのであえて雨の日に見に行くというのもアリだと思います。

 

ぜひ、6月にはあじさい寺と呼ばれる明月院の紫陽花「明月院ブルー」を見に行ってみてください!

 

実はここも紫陽花がキレイ!? 江ノ島の紫陽花もオススメです! 人気の生しらす丼店「とびっちょ」の情報も載せています!

 

お出かけ探しの参考になれば幸いです。



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す